保水力をアップさせること

いつもは肌があまり乾燥しない人でも冬になるとカサカサになってしまう場合もあるので、顔を洗った後やおふろに入った後はできるだけ化粧水を使用するほか、乳液を使用して下さい。

冬になると肌トラブルが増えるので、スキンケアを怠けないようにした方がいいです。
きちんと保湿を行うことと血のめぐりを良くすることが冬の肌の手入れの秘訣です。肌荒れが気になる時には、セラミドを食事に取り入れてください。

セラミドという物質は角質層における細胞間の水分や油分とともにある「細胞間脂質(エネルギー源になる以外にも、細胞膜を構成するなど、重要な働きがあります)」の事です。

角質層は何層もの角質細胞から構成されていて、このセラミドが細胞間を糊のように結合しています。それが、表皮の健康を保つバリアのように機能することもあるため、足りなくなると肌トラブルの原因となるりゆうです。

美容成分が多くふくまれている化粧水、美容液等を使うことで保水力をアップさせることに繋がります。スキンケアに使用するには、コラーゲンやヒアルロン酸、アミノ酸などの成分がふくまれた化粧品を御勧めします。